中高年の女性たちにも加齢臭はあります

中高年の女性たちにも加齢臭はあります

『体臭』という言葉を聞いて 頭に浮かぶのは やはり『加齢臭』という人が多いのではないでしょうか?

 

もちろん 個人差はありますが 35歳を過ぎ 40代にさしかかる頃 自分では気づかないうちに 周りから『オジサン臭い』と言われ始めます。特に 思春期の娘をもつお父さん世代には耳が痛い話なのではないでしょうか?

 

一般的に『加齢臭=中高年のお父さん』的なイメージが固いですが 実は 同世代、中高年の女性たちにも『加齢臭』はあります。

 

『加齢臭の原因』は『ノネナール』という物質だそうで 身体の皮脂質が分解されたり 酸化されることによって発生してしまうことが原因のようです。
男性の方が女性より皮脂質が多いために『オジサンは臭い』と言われることが多いようですが 実のところ『更年期に突入した中年のオバサンたち』も 体内の女性ホルモン減少の関係で『加齢臭』を発散していると言われています。

 

女性ホルモンが減少し男性ホルモンとのバランスが崩れることによって 皮脂質の酸化や免疫力低下につながり『加齢臭』が発散されるのだそうす。そんな理由から 女性が『加齢臭 発散』を防ぐには 女性ホルモンの減少を少しでも防ぐために 一つの方法として 女性ホルモンによく似ているといわれる イソフラボンを多く摂取することが必要になってくるのでしょう。

 

「加齢臭とは どんな匂いか?」の質問に「身体の脂くさい匂い」とか「古い本の匂い」などと表現する人が多いらしいのですが いずれにしても『素敵ないい匂い』でないことに 間違いはありません。
『加齢臭対策』としては サプリメントや石鹸 シャンプーなども市販されているようです。

 

今どきの若者を含め 自分が若い頃なども まだ若い友人をつかまえて「おじさんくさ〜い」なんて 言ったりもしていましたが この場合「やっていることが 若くないわね」「行動にキレがないわよ」的な意味合いなので 捉え方を間違えると 微妙に違う話になってしまいます。たぶん 本当のおじさんに向かって「おじさんくさ〜い」とは言わないのでしょう。それは きっと 心の声での『オジサン臭い』なのでしょうから。